本日15時の衛星画像(赤外)
EB6793AB-E672-4158-B1B6-906D25353E7B

黄色の矢印で示したラインが梅雨前線?

おー!もう関東まで来てるじゃん

いやいやチョット待って

可視画像で見てみましょう
1F7C3B4B-DC2D-43AD-BB9A-41567CE7DBF5

こちらは青矢印の方がそれらしい…

天気図を見れば一目瞭然。
490DCA2D-B64D-4211-B8C3-83BED7136891

赤外画像の黄矢印のラインは

ジェット気流に沿ったジェット巻雲。

巻雲は上空の雲なので温度が低く、赤外画像では白く映ります。

ただし薄い雲であることから、可視画像では目立ちません。

西側の雲の塊りは、高気圧の後面から

梅雨前線上にある低気圧へかけてのものです。


この時期でも、日本域で可視画像が明瞭に見られるのは

9時から15時程度

天気予報でもそうですが、どうしても赤外画像に頼ってしまいます。

もちろん夜でも見られるから…

ただ今日のように騙されることもあるので

常に両方の画像を見ることが必要なのです。

高い雲なのか低い雲なのか

厚い雲なのか薄い雲なのか

日中の可視画像を確認しておきましょう。